議会・一般質問

市議会の定例会は年4回。市政に関することを質問します。質問したいと希望した議員は誰でも60分の持ち時間で質問に立つことができます。

質問といっても「これなあに?」ではなく、自分が考えたこと、調べたことをベース自分の見解を踏まえて質すものです。

最初に壇に上がって読むのは事前に提出してある原稿ですが、再質問は答弁を聞いてからの瞬発力と、事前の調査が勝負。私の質問では、再質問以降の台本はありません。

(最初の質問から全て、職員に書いてもらったことは一度もありません)

本気で公式記録に残る場でどんな仕事をしているか、ぜひご覧ください。

 

※最新のものだけこのページに掲載し、過去のものは枝ページに年度ごとにまとめてあります。


最新の質問ー31年3月

 

1 公共施設、設備の耐震性について
(1)大府小学校地下駐車場の耐震診断の状況と対応はどうか
(2)国や県などから対応を指示されていない箇所について、市自らの視点で危険はないか改めて考え、調査を行っているか
2 デジタルを活用した市民への情報提供の在り方について
(1)ホームページ刷新に当たり、ソーシャルボタンを付ける検討は行ったか
(2)大府市役所緊急情報ツイッターの運用について
・どのような場合に緊急情報アカウントで周知することとしているか
・発信すべき情報を整理し、より積極的に活用する考えは
3 市制50周年と東京2020を市の活力向上に生かすために
(1)東京2020を契機とした活力向上について
・東京の混雑回避やオリンピック期間中に首都圏の各施設が使えないことによる、中京圏への影響をどう考えるか
・セントレアを玄関口とした観光振興について、知多半島観光圏との連携の展望は
・市の商工業、観光の活力向上につなげる考えは
・例えばレスリングでまちづくりなど、スポーツ振興の契機として生かしていく考えは
(2)市制50周年を契機とした活力向上について
・市が主催する事業のアウトラインは
・市民主体で、より市民と共有できる50周年にし、市民力向上の契機とする考えは
・50周年おぶちゃんやロゴをデザインし、市民に幅広く使ってもらうことで、更に市やおぶちゃんに親しんでもらう考えは

 

動画で見る一般質問はこちら→大府市議会公式HPへ